Dine(ダイン)はドタキャンが多いって本当?ドタキャンを防ぐ方法は?

受付嬢かおり
受付嬢かおり

今回はDine(ダイン)で多いと噂のドタキャンしてくる男女について調べてみたよ。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

Dine(ダイン)はドタキャンが多いって本当?ドタキャンを防ぐ方法は?

Dine(ダイン)はドタキャンが多いって本当?

Dineドタキャンの噂

Dineドタキャンの噂2

ご覧のように、どちらもDine(ダイン)でのデートの約束をドタキャンされたというツイッター上の口コミです。

どうやらドタキャンがあるという噂は本当みたいですね。個人的には、今までDine(ダイン)でデートの約束をしてドタキャンには会ったことがないのですがね…。

ドタキャンを防ぐ機能「Dine プロテクト」とは

Dineプロテクト

Dine(ダイン)というデーティングアプリは、男女がマッチングしたらメッセージのやり取りなしに日程を調整し、お店を予約するというシステムになっています。

お店側も予約が成立したら当然その日には食材を用意したり、対応するのに必要な人員を揃えるので、費用がかかります。いわゆる食材費と、人件費ですね。

ところが、ドタキャンが発生するとこれらの費用が完全に無駄になってしまいます。

ドタキャンはお店にとっても、ドタキャンされた側にとってもすごく迷惑なのです。

ドタキャンがかなり多かったのか、Dine(ダイン)の運営側もこんな対策を用意してきました。

Dineプロテクト

Dine(ダイン)のアプリ上で、クレジットカードを事前に登録する必要があり、ドタキャンが発生しても飲食店側はしっかりキャンセル料金を徴収できるという仕組み。

Dine(ダイン)の社長さんが言う通り、このDine(ダイン)プロテクトという仕組みを導入した店舗では全くドタキャンが発生していないようです。

ということで、Dineプロテクトが広がっていくにつれて、全くドタキャンが発生しないマッチングアプリになっていくんじゃないでしょうか。

Dine(ダイン)でドタキャンを防ぐ方法は?

Dine(ダイン)に限らず、マッチングアプリの約束をすっぽかす人は傾向があるので、特徴を掴みましょう。

Dine(ダイン)でドタキャンする人の特徴を知る

ドタキャンをする人の特徴を掴んでおけば、当日ドタキャンされたとしてもある程度心の準備があるので、慌てずに済みます(まあ悲しいでしょうが…)

ドタキャンをする人は気分屋で自己中

性格的な問題でドタキャンをすぐしてしまうのは、気分屋だったり自己中でわがままな人が多いです。ということで、プロフィールに「気分屋」とか書いてある
男女は要注意です。

女性は特に「気分屋です」を記載されている人が多いので、ドタキャンが嫌ならこういう人は避けたほうが良いでしょう。

忙しい職種の人

急な仕事に対応しなければいけない職業の男女は
仕事を理由にドタキャンをしてくる可能性があります。

お医者さんなどハイスペックな仕事の人ほど、急な仕事にも対応しなければいけない事情があったりするので注意しましょう。

病弱な人
普段病気がちな人もドタキャン確率が高いです。しかしマッチングアプリだと、自分が病気がちなことを正直にプロフィールに書いている人は少ないので、見極めるのは難しいところもあります。
また、体調不良でのドタキャンなんて8割9割は嘘ですよね。笑
ということで、だいたいのドタキャンの理由なんてたいがいが、「面倒だった」に尽きると思います。
やはり面倒くさがりの人はドタキャン確率が高いと思うので、メッセージの返信が途絶える率が高い人なんかは要注意だと思いますね。

日程的に遠すぎる約束はしない

Dine(ダイン)ではこんな感じで簡単にデート日程の調整ができるのですが、あまりに遠すぎる日程の約束は、ドタキャンされる可能性が高まると思います。

ほかの大事な用事が入ったり、ほかに魅力的な人とマッチングしてそちらの約束を優先させたくなる確率が高まるからです。

Dine(ダイン)ならマッチングしてから1週間以内とかでデートの日程が調整できると理想ですね。

Dine(ダイン)プロテクトを使っているお店を選ぶ

先程紹介した、Dine(ダイン)プロテクトを使っているお店を選ぶと、ドタキャン確率が限りなく低くなると思います。

プロテクト導入店舗は、以下の通り、備考欄に「ご予約時にクレジットカードの登録が必須です。

当日/前日キャンセル発生時にはキャンセル料がクレジットカードから自動的に引き落とされます。」という記載があります。

Dine(ダイン)プロテクト導入店舗

 

Dine(ダイン)ドタキャンにまつわるまとめ

たしかにドタキャンは、やむを得ない事情で起きてしまうこともあるケースもありますし、完全になくすことは難しいでしょう。

Dine(ダイン)は、ユーザー・飲食店の双方に向けてドタキャン解決のため真摯に取り組んでいるようですし、仕組みでドタキャンを無くすという発想は素晴らしいと思います。

まだDine(ダイン)を使ったことがない人は、以下のコードで7日間無料体験することができるので、よかったら試してみてください。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

コメント