Dineのプロフィール写真を解説!マッチング率を高める写真の撮り方

Dineプロフィール写真どうす

この記事ではDine(ダイン)で受けの良い顔写真撮影方法や、なかなかマッチングしない人向けにプロフィール写真の改善方法を説明していきます。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

Dineは顔写真が1枚もないと通報される可能性あり

AIが人の顔を自動判定して、顔写真以外の写真はプロフィールに設定できないようになっています。

この人工知能判定はかなり精度が高いので、顔写真以外の写真を登録しようとしても、はじかれて登録できないと思います。

なんとかそれを掻い潜ったとしても、Dine(ダイン)では顔写真が1枚もないと通報されてしまう可能性があり、原則顔出し前提のアプリと言えます。

他のアプリだと顔出しをせずに活動している人もいますが、個人的にはDine(ダイン)のこの仕組は、すべてのユーザーに対して公平なシステムと言えると思いますし、応援したいです。

Dineでマッチングしやすい写真の特徴

Dineユーザー層を考えて、マッチングしやすそうな写真を設定するようにしましょう。マッチングしやすい写真の特徴は以下の通りです。

・顔がはっきり写っている
・明るい場所で撮影し、過度な加工が施されていない
・Dineの利用ユーザー層を考えて男性の場合は少しお金持ってそうな品の良い感じをアピール

このあたりを忠実に守って写真を登録すれば全くマッチングしないという事態は避けられる可能性が高いです。写真の枚数は最大で6枚登録できますが、基本的に写真の枚数が多いほどマッチング率が高まるので、最低でも4枚は登録しておきたいところです。

さらにDine(ダイン)にはプロフィール写真の自動最適化機能が搭載されているので、数枚の写真を登録するとそれを自動的に「良い」「悪い」「普通」の3種から判定してくれて、最も異性にウケの良い写真をメイン写真に設定してくれる機能があるのです!(これ凄くないですか?)

Dineでウケる写真の撮り方

明るい場所で写真撮影する

まずは必ず明るい場所で撮影しましょう。私の場合は、撮影してくれる友人もいませんでしたし、以前に撮影した写真でマッチングアプリに使えるような写真もなかったので、自宅のベランダで撮影しました。

友人がいる人は屋外の公園や施設などで撮影するといいでしょう。

髪型やひげ・髪型に気をつける

当然髪型やひげは整えていた方が良いです。特に髪型はその人の印象を大きく左右するので、ワックスなど整髪料を使ってタイトに仕上げた方が良いでしょう。

ひげも無精髭は嫌われるので綺麗に剃るか、適度な長さに整えましょう。眉毛も長すぎると野暮ったい印象になるので適度にカットするほうが良いです。

服装はきれいめで、シンプルを心がけましょう。上品で落ち着いた雰囲気に仕上げられるとベストだと思います。

自撮り写真はなるべく避ける

前述の通り、私の場合は友達が1人もいなかったので自撮り写真になりましたが、マッチングアプリに使う写真は「自撮り」はなるべく避けましょう。

友人や同僚に撮影してもらった写真のほうが、しっかり社会生活を営めている人であることが伝わりますし、どうしても男性の自撮り写真はナルシスト感を感じさせてしまうものです。

笑顔の写真は絶対的な武器!

女性の場合、Dine(ダイン)のようなマッチングアプリでの出会いを警戒している人が多いので、親しみを持ちやすい笑顔の写真はウケが非常に良いです。

人によってはクシャッとなるくらい満面の笑みが効く場合もありますが、基本的には上品に口角を上げて微笑んでいる程度の笑顔の写真が最も幅広い異性に人気になると思います。

顔写真の設定改善方法

しっかりプロフィール写真を設定したけど、いまいちマッチングしないと感じている人は、以下の改善方法を試してみてください。

まずは顔写真を4枚~6枚登録します。Dine(ダイン)では登録完了した写真は「良い」「悪い」「普通」の3段階で人気度が計測されます。

人気度が30%以上となるような写真を最低2枚以上用意しましょう。逆に人気度が20%以下のものがあればその写真は削除してください。

人気度50%以上といった写真も用意できるので、そういった写真であなたのプロフィール写真欄を埋めることができれば、マッチング数も激増するのではないでしょうか。

Dine(ダイン)プロフ写真のまとめ

Dine(ダイン)は他のマッチングアプリと比べて、顔写真の重要性が高く、顔写真を登録していないと利用することすらできないアプリです。

それだけに顔写真にはこだわって、魅力的なプロフ写真を設定しマッチングを増やしていきましょう。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

さらにDine(ダイン)を知るなら以下をご覧ください

コメント