Dine(ダイン)の年齢確認方法を解説。運転免許証など必要書類は?

Dineの年齢確認方法を解説

受付嬢かおり
受付嬢かおり

Dineの年齢確認方法を解説していくよ。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

Dine(ダイン)の年齢確認方法を解説

煩わしいメッセージのやり取り無しでデートまで行けるマッチングアプリDine(ダイン)。
せっかくマッチングしても、年齢確認認証を終わらせていないとデートに日程調整ができないので結局出会うことは出来ません。

Dine(ダイン)で年齢確認をしないとだめな理由は?

Dineでは年齢確認・本人確認をしないと、せっかくマッチングしたお相手とデートの日程調整をすることができません。他のマッチングアプリと異なり、「マッチング=デート可能」という手っ取り早さがウリのDine(ダイン)。

どうせマッチングしたならデートしないともったいないですよね。まだ年齢確認・本人確認をしていない人は、魅力的な異性とマッチングする前にさっさと年齢確認・本人確認を済ませてしまった方がいいです。

いざマッチングしてから慌てて本人確認・年齢確認をするなんてことがないように気をつけましょう。

Dine(ダイン)の年齢確認に必要な書類は3種

Dine(ダイン)では以下の3種類の公的書類で年齢確認・本人確認をすることができます。

・運転免許証(Dine推奨)
・パスポート
・健康保険証

当然ですが、18歳以上でないとDine(ダイン)を利用することはできません。よくありがちな間違いとして、マイナンバーカードやマイナンバー通知カードでは登録はできませんので注意です。

>>Dine(ダイン)をインストール

Dine(ダイン)の年齢確認手続きの手順・方法

次にDine(ダイン)の年齢確認手順・方法を説明します。Dineのアプリを開いて画面の左上にあるマークをタップします。すると「年齢確認」と書かれた箇所があるので、そこをタップ。

その後は【年齢確認を始める】というボタンをタップして、先程紹介した3種の書類の中からいずれかを写真に収めて提出するだけです。

他のマッチングアプリでも年齢確認や本人確認は必要ですが、Dine(ダイン)はとても親切設計で、自分の本人確認書類を写真に撮る際に、本人確認に不要な部分以外を自動的に塗りつぶしてくれる機能があります。書類を提出する立場としては非常に安心ですよね。

>>Dine(ダイン)をインストール

こんな画像はだめ!Dine(ダイン)で年齢確認時の注意点は?

受付嬢かおり
受付嬢かおり

Dine(ダイン)の年齢確認・本人確認で注意すべきことをまとめました。

ぶれてる画像や、必要な箇所が鮮明に写ってない画像

当然ですがブレブレの画像を提出しても年齢確認がやり直しになる可能性があるので、ある程度慎重に写真撮影しましょう。

また「氏名と生年月日」「運転免許証の表示」「発行元の名称」が3つきちんと映っていないと本人確認審査・年齢確認審査がやり直しになる可能性が高いです。

いずれにせよ、年齢確認書類の撮影時は、慎重に写真のブレやズレがないように撮影しましょう。

Dine(ダイン)に登録したらすぐに年齢確認を済ませよう

Dine(ダイン)の年齢確認・本人確認審査は基本的には数分で完了すると思います。渡しの場合も5分もしないうちに手続きが完了していました。

ただし、可能性として最大で24時間程度の時間がかかる可能性があります。せっかくマッチングしたり、Dine Tonightで今夜のデートが確定しても、「本人確認・年齢確認」が住んでいないとデートの日程調整や、メッセージのやり取りができません。

特にDine Tonightは今夜のデート相手を見つける機能ということで、マッチング次第すぐにメッセージのやり取りをして待ち合わせ場所などを決める必要があります。せっかくの機会を逃さないためにも、Dine(ダイン)に無料登録したらまずは年齢確認・本人確認を済ませてしまいましょう。

>>Dine Tonightで即日デートの体験談

Dine(ダイン)の年齢・本人確認にかかる時間

最大で24時間程度かかるようです。ただし私の場合は5分ほどで完了しました。ただ最悪のケースを想定して、早めに年齢確認は済ませてしまいましょう。

Dineに登録する

アプリのインストールはこちら

招待コード「jppRanuy

コメント