withのブロック機能は慎重に使うべし!ブロックは相手にバレる?

withブロック機能について解説

mayu
mayu

今回はマッチングアプリwithのブロック機能について解説していきます。

言葉通りなので、だいたい予想できると思いますが、ブロック機能は特定の相手に対して、自分の存在を消してくれる機能です。男性はそこまで使う機会もないかもしれませんが、女性の場合は使ったことがあったり、使おうとした経験があるんではないでしょうか?

withのブロック機能とは

すでに簡単に説明しましたが、withのブロック機能とは「特定の異性から自分の存在を見えないようにしてくれる」機能です。注意点として、相手をブロックした場合、その相手とは2度とマッチングしたり連絡をとりあうこともプロフィールを見ることも出来なくなってしまいます。

ブロック機能の使い方

mayu
mayu

ブロック機能を使うのはとても簡単です!!

最初にブロックしたい人のプロフィール画面を開きます。すると、プロフィール画面の右上に点が縦に3つ並んだアイコンがありますよね。

そこをタップしてもらうと、上から『お気に入りに追加する』『非表示にする』『ブロックする』『通報する』『キャンセル』と表示されます。

上から3つ目の『ブロックする』をタップしてもらうと、「ブロックしても良いですか?」と確認メッセージが表示されます。ここでさらに「ブロックする」を選択すると、「ブロックしました」と表示され、相手のプロフィールが完全に表示されなくなります。

ちなみにですが、ブロックはマッチングされていない状態でもすることが可能です。例えば偶然にwithのアプリ内で「知り合い」を見つけてしまい、絶対にその知り合いにwithをやっていることを知られたくないなら迷わずブロックをしましょう!

ブロック機能を使う際の注意点

mayu
mayu

withのブロック機能を使う際の注意点は以下の通りです。

  • ブロックしたら2度とwith上で連絡をとることはできない
  • プロフィールを確認することもできない
  • マッチング後にブロックした場合、やり取り履歴も消えるし足あとも消える

ブロックをしてしまった場合、その相手の人とは2度と連絡を取り合う事も、プロフィールを確認することさえ出来なくなってしまいます。さらに、もしマッチングしていて、様々なやり取りをしてきていた場合に、その履歴さえも残ることはありません。足あとからも消え失せます。

簡単に言ってしまうと、『with』内において、ブロックした相手がこのアプリ内にいた形跡の全てがあなたの中から消えてなくなります。ですので、本当に迷惑で、自分の中から存在を消したい相手にのみブロック機能を行使してください。1度の過ちであとあと後悔しませんようお気をつけ下さい。

ブロック機能を使われたらどうなる?

mayu
mayu

次に、自分がブロックされてしまった場合に、自分視点ではどのようになるのかを見ていきましょう。

まず連絡を取り合っていた場合に、相手がトーク履歴から消えてしまっていることはありませんか?これはおそらく相手からブロックされてしまっています。自分の行動を思い返して、思い当たる節があるなら、反省しましょう!笑

他にも、足あとだけを残していた人が消えていたり、お気に入りからいなくなっていた場合もブロックされた可能性があります。もしかしたら『with』を退会しただけの場合もありますので、思い当たらなければ、切り替えて次に行きましょう。

マッチングアプリは基本的には複数の異性と同時進行的にやりとりをするのが出会うコツなので、あまり細かいことにクヨクヨ悩む必要はないです。

ブロック機能を使ったら相手にバレる?

相手にブロックしたことを気づかれたくないと思う人は多いです。特に、ある程度の仲になっていた相手だったとしたら、そこからさらにややこしい展開になることだってありえます。

では、ブロックしたことは、相手にバレてしまうのでしょうか。答えは、「断定はされない」という感じです。

ブロックされた場合は、相手視点ではあなたがどこを探してもいない状態になります。こうなったらブロックされたと思うでしょうか?あるいは楽観的に『with』を退会してしまったのかな?と考えるでしょうか?

私の場合ですが、マッチングした相手の人とは、ある程度メッセージを交わしている仲であれば、退会時には最後の挨拶を送るのが礼儀だと考えています。たかだかマッチングアプリの繋がりと切り捨てるほどに、浅い関係ではないのではないでしょうか?

他の人がどうかはわかりませんが、私はそうしていますし、そうされたこともあります。そんな私の観点では、特になんの連絡もなく消えてしまう場合はブロックではないかと考えます。自分で何か思い当たらなければ、退会の可能性も高いですよね。

本題に戻りますが、実際にブロックされた側に通知などはいきませんが、相手側からすると、ある程度察しがつくような形ではないかと思います。

もし、何かしらの個人情報を渡してしまっている場合は、いきなりブロックするのではなく、一度穏便に済ませる努力をしてみましょう。そういった手合いを逆上させてしまうと後々面倒ごとになりかねません。本来は簡単に個人情報自体渡さないようにしましょう。

まとめ

mayu
mayu

今回はwithで知っていると時に便利なブロック機能について解説しました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ブロック機能を使うと相手のアプリ内から自分の存在が消える
  • 自分のアプリ内からも相手の存在した形跡が消えてしまう
  • ブロックしたら最後、2度とアプリ内では連絡をとれない
  • ブロックされたとしても、クヨクヨせずに次の異性を狙いに行くのが正しいスタンス
  • ブロック機能を使うと、なんとなく相手にはブロック機能を使ったことを悟られる
  • マッチングアプリでの出会いの場合、簡単に個人情報を渡すことは避けたほうが良い

 

コメント