withでいいねが増える写真の設定方法【サブ写真はどうする?】

with写真設定アイキャッチ

mayu
mayu

この記事にたどり着いたということは皆さんマッチングアプリのwithを使っていることかと思います。

 

『いいね』の数は順調に増えていますか?

増えていなかったとしたら、それはもしかしたら、設定しているプロフィール顔写真に問題があるのかもしれません。

『with』に限った話ではありませんが、こういったマッチングアプリでは、プロフィール写真ほど大切な物はありません。写真を登録していないなんて論外です。

それではいつまで経っても『いいね』がふえることはありません。そして『いいね』が貰えなければ当然マッチングもし辛いので、良い男性・良い女性と出会うことはできないんです。

それでは、どういった写真を登録すると、『いいね』の数が増えるのでしょう。

今回の記事ではそれを説明していきましょう。

withのプロフ写真設定で最も大切な3つのこと

私自身の経験からwithでは以下の3つのことを抑えれば、マッチングに繋がる写真設定は誰でもできます!イケメンではなくても、清潔感を意識して以下要素を抑えれば出会えると考えています。

  • メイン写真が何より大事!
  • 写真は何度でも撮り直しするべきだし、設定しなおすべし!
  • ターゲットにする女性に対してウケやすい画像を設定
mayu
mayu

ひとつずつ解説していきますね。

①メイン写真が何より大事

まずは何より、1枚目の写真が大切だということを肝に銘じましょう。「1枚目の写真が最高の1枚にならない限り出会えない」と考えてもいいくらいです。

逆に言えば、この1枚目の写真さえ最高のものが撮影できれば、あとの写真やプロフィールはどうでも良いとさえ言えるくらい大事です。

mayu
mayu

1枚目のメイン写真が何より大切だということを何度でも言い切ります!

ちなみに、「そんなに良い写真がないよ~」って人は、わざわざ撮影しましょう。手持ちのカードで勝負しようと思っている時点で”甘い”です。

②写真は何度でも撮り直しするべきだし、設定しなおすべし!

なかなか、イケてる写真がとれないって人は何度でも撮影し直しましょう!基本的に、自撮り写真は嫌われる傾向が高いので、センスのある友人に撮影してもらうのが一番です。

「かっこいい・これならイケる!」という写真が撮影できるまで、友人に付き合ってもらいましょう。マッチングアプリ専用のカメラマンをやっている人もいるらしいので、そういう人に外注するのもいいですね。

そして、イケてる写真が撮影できたらメイン写真に設定しましょう。しばらく様子を見て、いいねが貰えなかったり、いいねをしても返ってこなかったりするなら、再度写真を撮影しなおします。

mayu
mayu

これくらい意地でも良い写真を用意するぞ!という気概があれば、マッチングアプリで人気になって、多くの女性から「いいね」を貰えるようになっても全然不思議じゃないですよ。

 

③ターゲットの女性に対してウケやすい画像を設定

これは裏技的ですが、どうしても気になる異性をwithで発見したとします。そうしたら、その異性の趣味や好みに合わせて、あとから写真を設定してから「いいね」を送るんです。

例えば相手が「ネコ好き女性」なら猫を抱っこしているような自分のメイン写真を用意できたらマッチング率が高まると思いませんか?

いろいろと応用が効く方法なので、ぜひ試してみて下さい。

withでいいねが増えるメイン写真

mayu
mayu

さらにwithでいいねが増えるメイン写真について掘り下げていきます。

マッチングアプリの写真の中で最も力を入れるべきは、もちろんこの『メイン写真』ですよね。メイン写真が良くないと、プロフィールすら見てもらえないとも言えます。

では、そんな重要な写真に何を使えばいいのか?ということですが、まず大前提として自分の顔がわかる写真を使用するのが当然です。

メイン写真とは、あなたがどんな人なのかを表せていなければなりません。ですので、一番わかりやすく自分自身の顔が良いのです。

では、ただ自分自身の顔を使っていればいいのかというと、そういうわけでもありません。

男性は特に表情が明るい写真がおすすめ

まずは、表情の明るい写真を用意しましょう。

写真において、暗い表情の写真を設定してしまうと、相手からそのままあなたが暗い人だという印象を与えてしまいます。あなたは暗い人にメッセージを送りたいと思いますか?そう思うのは、かなり少数派でしょう。

特に男性の場合は明るい表情の写真がおすすめです。というのも、女性はマッチングアプリでの出会いを非常に警戒しているので、明るくて不安にならないような顔写真の男性になら「いいね」を返す可能性が高まります。

自撮りはなるべく避けて知人友人撮影写真を使う

次に、他人に撮ってもらった写真があるならば、そちらを使用しましょう。理由としては、誰かが撮ってくれた写真というのは、自然な表情になるからです。

仮に友達が撮ってくれた写真だった場合は、あなたが友達にみせる表情になっています。それは、自撮りの写真よりもきっと自然な良い表情になっているはずです。

自撮り撮影だと、ナルシスト感を感じさせてしまうのも良くないですね。

また、他人撮りがおすすめな理由には、もう1つあります。社交性のある人だと、相手にイメージさせることが出来るからです。普段、誰かに写真を撮ってもらえる、そんな関係性の人がいるという事を印象付けると、相手には、社交性や安心感が与えられます。

mayu
mayu

 それでは『メイン写真』のまとめに入ります。

  1.  撮る時は笑顔で明るい雰囲気を
  2.  センスのある友人などに撮ってもらおう
  3.  場所は太陽光などの明るい所で

さてここからは、サブ写真の設定です。『with』にはいくつか指定で写真を設定できます。それを一つずつ説明していきます。

サブ写真・全身編

まずは、全身の写真です。こちらは、あなたの服装、体型などを見てもらえるような設定にしてみましょう。とは言っても、自由にやっていいわけではありません。

服装に関しては、一般受けを狙うのであれば、清潔感のあるものです。特に男性の場合は柄物などは避け、シンプルにモノトーンカラーを使っていくのが良いでしょう。

また、サイズの合っていないものは避けるべきです。そういったコーディネートもありますが、ダボついた服装で清潔感を出すのは少し難しくなってきます。

サブ写真・笑顔編

爽やかさを感じさせる笑顔や、クシャッとした笑顔が好きな女性は多いです。こういった写真をサブ写真にも設定できると、あなたの魅力に対しての説得力が増します。

顔はアップにし過ぎないようにしてください。肩から上が写っているくらいが丁度よいですね。

こちらもメイン写真と同じく、明るい場所、他人撮り、笑顔の3つを意識してみましょう。キメ顔は厳禁です。男性は特にですが、自信があったとしても、相手からしたら少し引いてしまうでしょう。

加工のアプリもあまりおすすめはしません。素の自分で勝負できる写真が設定できることが理想的です。

サブ写真・料理編

料理の写真はサブ写真に登録するべき写真の王道です。今どきは、インスタグラムなどのアプリの影響で、料理の写真を撮る人もとても多いですよね。

しかし、決して映える料理写真が受けるというわけではありません。自作で作ったものや、自分の好きな物で大丈夫です。

あまりにも汚らしく映るものさえ避けていれば問題ありません。この写真が話のタネになったり、デートへ誘う手助けになったりします。

例えば私の場合、登録している料理が気になるからそのお店に連れて行ってほしいという風に女性から誘われたことがあります。

サブ写真・趣味編

趣味に関する写真も設定しておいたほうが良いでしょう。例えば音楽が趣味の人は、アーティストのライブに行った写真、お酒が趣味の人はバーや、ボトルの写真を使う事によって、相手からも話題を振りやすくなりますよね。

趣味が同じ相手を探している人は多いので、ここは自分を売り込むチャンスです。

サブ写真・旅行編

旅行先もマッチングアプリ上での良い話題作りのネタになります。その写真の場所を相手も知っていたら、それだけで少し気になる相手になったりもしますし、些細なきっかけが出会いの元にになるので、旅先での素敵な写真があれば登録しておきましょう。

サブ写真・フリー枠編

最後に、特に指定のない枠がいくつかありますのでそちらを説明します。ここは、今まで使ってきた写真と使い方は同じです。

自分をアピールできるもの、話題作りになるもの、相手の興味を引くものを選んで、設定しましょう。相手が不快になるような写真や、イメージを悪くするような写真は避けることは意識しましょう。

 

 

コメント